海外留学 就職

スポンサード サーチ

海外留学と就職状況・卒業後の進路

海外留学を経験した大学生もやがて卒業を迎えることになるのですが、留学という一つのクッションがあった場合に卒業後の進路や就職状況というのはどのようになってくるのでしょうか。

 

実は海外に留学した大学生の場合、そこで得られたキャリアをより伸ばすために大学院に進学する傾向が一般の学生より高くあります。

 

もちろんこれはどのような分野の学習をしたかにより卒業後の進路は変わってくるもので、当然にすぐ仕事に付くという方もいるわけですが、海外の大学院の場合は日本の大学院と比べてより細分化された専門性が高い学習が行えるという特長があります。

 

そうした事からそもそも留学をして学びたいという高い意識を持った方が多い中では、大学院に進むというのも必然の流れだともいえます。

 

では一方で卒業後の進路として就職を選んだ大学生の場合、就職状況はどのようになっているのでしょうか。

 

よく言われるところでは、就職と留学は必ずしも結びつく物ではなく、むしろ不利になることも多いと聞きます。

 

確かに元より経済状況が思わしくない中では就職状況もおぼつかず、また海外と日本の大学では入学と卒業の時期が異なるうえに国内での就職活動に参加しにくいという事情もあります。

 

しかし一方で企業における人材の多国籍化は一段と進んでおり、またそれまでの学業の内容と就職先の業務内容が上手く重なる上に語学も堪能であれば、留学経験者の方が遥かに有利となる場合も非常に多くあるのです。